“病気の話”

 

皆さん眼の病気はいくつ知っていますか? (白内障)

夏の渇きにご注意を(泌尿器科)
増え続ける乳がん(乳腺外科)

 

  



皆さん眼の病気はいくつ知っていますか?


皆さん眼の病気はいくつ知っていますか?

白内障、緑内障、老眼、近視、遠視、、、、他にも非常にたくさんあります。
その中でも、
《白内障は手術で治る病気です。》
白内障は水晶体が加齢とともに白く濁って視力が下がる病気です。その他にも糖尿病やアトピー性皮膚炎、外傷などでも起こります。白内障手術では濁りを取り除いて眼内レンズに置き換えます。
当院では白内障手術は日帰り手術と入院手術の両方を行っております。
日帰り手術は80歳以下で移動が不自由でない方が適応になります。
詳しくは眼科医師と相談してお決めください。 
  (高度に進行した白内障の写真)    (手術中、眼内レンズが挿入された写真)
       

現在の白内障手術は非常に安全で手術も成功することがほとんどです。痛みもほとんどありません。
まず、手術に向けて視力検査、細隙灯検査、眼底検査、眼圧検査などを行う必要があります。

術後は多くの方で視力が改善したり、裸眼の見え方が良くなったり、物の色が濃く、輪郭もはっきり見えることが多くあります。ご高齢の方に多いのですが見えにくいのをガマンして生活を送るより、早く視力や視機能を回復してより良く見える楽しい安全な生活をお勧めします。

また患者さん個人の生活スタイルに合わせて通常より手元側にピントを合わせたり、遠く側にピントを合わせることができる場合があります。

白内障は放置しておくと緑内障になったり、手術が困難になって手術が成功しても術後の経過も良くない場合が出てきますので
《白内障で生活に支障が出たら早めの手術をお勧めします。》

白内障のように加齢で起きる病気は他にもあります。加齢黄斑変性症を知っていますか。

《加齢黄斑変性症は現在、日本で増加している病気です。》
加齢黄斑変性症は日本の失明原因の第4位です。
ところがこの10年弱で50歳以上の患者さんの数が1.5倍に増えました。
日本が高齢化社会を迎えるのと同時に食文化の欧米化のためとも言われています。欧米では50歳以上の失明原因の第1位ですので今後日本でも特に注意が必要な病気です。

この病気になりやすい人はどのような人でしょうか。それは今は禁煙していても若い頃、タバコを吸っていた人や、直射日光に長く当たる仕事や趣味をしていた人、高血圧も原因の一つと言われます。 
   (写真の中央に加齢黄斑変性症が起こっている)

上の眼底写真のように眼底の中心に黄斑という色を感じたり、物を細かく見たりする場所があります。
そこに異常な新生血管が発生し黄斑に出血や浮腫を起こしたあと萎縮して障害を与えます。
例えば、加齢黄斑変性症の見え方は下の3種類の写真の右側のように中心が黒く見えたり、中心がぼやけたり、色がわかりにくくなったりします。 
          (正常)            (加齢黄斑変性症の見え方)
   
          (正常)            (加齢黄斑変性症の見え方)
   
         (正常)            (加齢黄斑変性症の見え方)
 

 

現在では以前に行われたレーザー凝固、光線力学療法(ビスダイン療法)、新生血管抜去術は現在ではあまり有効ではないとされています。最新の有効な治療法は抗VEGF抗体(ルセンティスR)の硝子体内注射です。

(NOVARTISより)

これは日帰りの治療が可能です。月に一回毎月注射することより以前の治療法ではできなかった視力の維持又は改善が多くの場合できるようになりました。注射の時に痛みもほとんどありません。

下の写真は実際に治療を受けた方の蛍光眼底造影検査の写真です。左の写真の治療前の中央の白い新生血管が右の写真の治療後では消えています。 
         (治療前)                 (治療後)
   

 

下の写真は実際に治療を受けた方の網膜断層検査(OCT)の写真です。左の写真の治療前の中央の網膜の大きなゆがみが右の写真の治療後では網膜のゆがみが小さくなっています。

         (治療前)                 (治療後)
   

 

当院では各種検査器機、治療器機を導入し診断や治療の充実を計っております。
治療方法や治療予定については詳しくは眼科医師にご相談ください。 

 

夏の渇きにご注意を

 

夜のトイレにいくのがつらいため、水分を摂らない方がいますが、夏になると、汗をかいたりと不感蒸泄が増えるため、尿が濃縮してしまいます。夏は尿路結石の多い季節です。
尿路結石予防のために水分をこまめに摂っていくことも大切です。水分制限のある方は、主治医にご相談下さい

泌尿器科紹介
泌尿器科って・・・。

 泌尿器科は、一般の方にはあまりなじみのないところかもしれません。読んで字のごとく尿、つまり “おしっこ” に関係した病気を扱うところです。腎臓、尿管、膀胱、尿道、男性では前立腺や性器に関係する病気が専門です。
しかし、“しものことなので恥ずかしくて・・・。” と考えている方も多いようです。確かにちょっと抵抗があるかもしれませんが、恥ずかしがって治る病気を放っているかもしれません。
最近では、テレビなどの広告で尿漏れや頻尿のことが話題になっているようです。こうした状態も泌尿器科が専門です。ある調査では、日本でおしっこのことで悩んでいる人は800万人以上もいるそうです。実際に泌尿器科を受診する患者さんの多くはそうした症状に悩まされている人です。
こうした症状の病気の多くは、過活動膀胱、前立腺肥大症などといった病名で、薬で治すことのできるものがほとんどです。

 “おしっこ” のことで気になることがあったら、我慢しないで担当の先生に相談するか、泌尿器科の受診を考えてみてください。

 

 

増え続ける乳がん

 

 

年度
罹患者数
死亡者数
1975
11,123
3,262
1980
14,447
4,141
1985
20,296
4,922
1990
24,697
5,848
1995
31,174
7,763
2000
37,389
9,171
2005
41,960
10,721

 

近年、日本においても乳癌の罹患率が増加しており、女性の癌死亡数の第1位となっています。その罹患率は女性20~25人に1人となっています。また、乳癌の罹患率のもっとも高い年代は40代後半であることが日本の乳癌の大きな特徴でもあります。ただし、近年は高齢の方の罹患率も増加しつつあります。
 さらに、近年、欧米では乳癌死亡者数は低下傾向を示しているにも関わらず、日本では死亡者数も増加傾向にあるのです。
 その大きな要因に乳癌検診の受診率にあります。欧米の検診受診率は高く、早期発見により、癌死を減少する事ができているのです。
 当院乳腺外科外来では、横浜市乳癌検診などの乳癌検診(マンモグラフィ併用検診)を行っておりますし、検診異常があった場合は当院で超音波検査や針生検による病理検査での精密検査を行っております。
また、自覚症状のある方も同様にマンモグラフィ・超音波・病理検査にて当院で乳癌・乳腺良性疾患の診断が可能です。
また、我々聖マリアンナ医科大学病院での精密検査・治療が可能ですし、近隣の済生会横浜市東部病院・乳腺外科との連携もとっております。
手術後の内分泌療法・定期検診は当院で行っていく事も可能です。
相談だけでも構いませんので、まずは、乳腺外科外来に受診していただきたいと思います。


◀戻る │ ▲このページのトップへ