当院の診療は、8科目で構成。



診療科目

  1. 内科
  2. 整形外科
     横浜鶴見スポーツ&膝関節センター
  3. 眼科
  4. 耳鼻咽喉科
  5. 乳腺外科
  6. 泌尿器科
  7. リハビリテーション科
  8. 放射線科



1.内科

高血圧、糖尿病などの慢性疾患の患者さんが多く通院されています。
まず第1に、より早く検査を行い、診断をつけ手術や専門医の治療が必要か判断し、必要であればすぐに紹介を致します。採血、CT、エコー、胃内視鏡検査などは当日行える体制をとっています。
第2に内視鏡検査は痛くない検査を行っています。
第3に睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診断治療を積極的に行っています。携帯PSG検査、PSG検査(1泊入院検査)にて診断し、現在150名を超える患者さんがCPAP療法(睡眠時無呼吸症候群の治療)を受けておられます。
第4に循環器科、ペースメーカー外来、呼吸器科など専門外来も行っています。

2.整形外科

  横浜鶴見スポーツ&膝関節センター

スポーツ整形外科の患者さん(特にサッカー選手)が多く、手術では関節鏡視下手術などの最小侵襲手術を中心に年間800件以上の手術を行っています。
膝前十字靭帯、後十字靭帯再建術、膝半月版手術、足関節鏡視下手術が特に多いです。

3.眼科

白内障や加齢黄斑変性症などの加齢性の疾患に特に力を入れています。白内障手術は日帰り手術も可能です。加齢黄斑変性症に対し、硝子体内注射療法も行っています。
手術は横浜市大附属病院講師の西出医師が行っています。
1~2ヶ月に1度、東邦大学名誉教授の戸張医師の予約外来を行っています。

4.耳鼻咽喉科

耳、鼻、喉の一般的な病気の診療を小児から高齢者まで幅広い層の患者さんに対して行っています。
高度難聴の障害者認定も予約制の補聴器外来(金曜日午後)で行っています。

5.乳腺外科

乳癌検診を中心に乳腺疾患全般の治療をしています。
聖マリアンナ医科大学、済生会横浜市東部病院などとも連携し、乳癌術後治療、経過観察も行っています。
女性の医師が診療を行っています。


6.泌尿器科

泌尿器科では、腎臓、膀胱、尿管、尿道、男性では前立腺や性器に関係する病気を診察します。
済生会横浜市東部病院と連携し、専門治療を行っています。

予約制となっています。
曜日などは外来担当医師表にてご確認下さい。


7.リハビリテーション部

・総合リハビリテーション科
 ・スポーツリハビリテーション科

主治医とチームを組み、より科学的なリハビリテーションを行っています。
2科11名の理学療法士で患者さんの社会復帰・スポーツ復帰をサポートします。

8.放射線科

レントゲン撮影の他に、1.5テスラMRI・16列MDCT・マンモグラフィなどの機器を備え、各種の検査に対応し、正確・迅速な診断結果を提供します。
検査は、原則予約制ですが、可能な限り受診当日に検査が受けていただけるよう、体制を整えています。
◀戻る │ ▲このページのトップへ