空き状況のご案内(PDF)はこちら

 

お問い合わせ見学に随時対応しています

横浜市鶴見区下末吉1-17-22
TEL 045-580-3566
FAX 045-580-3586

 

 

 

デイサービス「けやきの里」では、日本人として最も楽しみな「食事」「お風呂」にこだわりました。利用者様が帰宅後も、次のご利用が楽しみで元気が出るようなサービスを提供いたします。

  
対象 要介護認定を受けている方
ご利用定員 1日あたり30名
営業時間 8:30~17:30
ご利用時間 9:45~16:00
ご利用日 月曜日~土曜日 祝祭日もご利用出来ます
(日曜・12/31~1/3はお休み)

▲このページのトップへ

●鶴見駅からの場合
乗車 JR鶴見駅東口広場乗り場
13 , 29 , 155 ,鶴 11 系統(綱島、一の瀬、上末吉方向行き)
JR鶴見駅西口側 みずほ銀行乗り場
14 , 104 系統(梶山、新横浜方向行き)
下車 森永工場前 徒歩 5 分
●国道 1 号線の場合
市バス、臨港バス
宮の下バス停下車 徒歩 2 分

▲このページのトップへ

サービス内容

 

  
〇送迎サービス
車イス対応の車をご用意しています。
〇健康チェック
看護師が血圧・体温・脈拍を測定し、その日の体調をお伺いします。
〇リズム体操
1日のスタートとして、音楽に合わせて準備体操をします。
〇入浴サービス
個別のお風呂なので、ゆったりとしたご入浴が可能です。
〇作業療法
ご利用者様に合わせた学習や作業をご提供します。脳の活性化につながります。
○機能訓練
生活機能の維持・向上に繋がるような機能訓練を行います。
〇口腔体操
嚥下(飲み込み)力を強化し、食事をおいしく食べられるように食前に行います。
〇昼食サービス
見た目にも、味にもこだわってお作りしています。
常食・粥食・きざみ食・ソフト食・減塩食・低カロリー食など対応しております。
〇ティータイム
おやつとお好みに合わせてコーヒー・紅茶・お茶をご用意しております。
〇レクリエーション
全員で体操や指体操、歌やゲーム等を行い楽しんで頂いております。
〇生活相談
日々の生活に関すること、介護の上での不安や悩み等、ご相談ください。

▲このページのトップへ

所長挨拶

所長から皆様へ

?「デイサービスけやきの里」のページにお越しいただきありがとうございます。
? ?人生の先輩であるご利用者様の方々に、輝きのある毎日を過ごしていただけるようにと努めてまいりましたが、私共の方が教えていただいたり、考えさせられたりと共にいつも歩んでいただいているように思います。
? ?多くのご利用者様からの「楽しく、明るくリラックスできるところで、職員の優しく細やかな対応に満足している」との嬉しいお声に支えられ、職員一同、これからもより一層の努力をしてまいります。

皆様のお越しを、心よりお待ちしています


▲このページのトップへ

スタッフ紹介

けやきの里のスタッフに4つの質問をしてみました。
特に3つめの質問は、今後レクリエーションの時間などで是非披露して頂きたい回答となりました、必見です!!

まずお一人目は、けやきの里の大野所長です。
① けやきの里で好きな所はどこですか?
→笑い声の絶えないところです。
② けやきの里のお昼ご飯で好きなメニューはなんですか?
→お味噌汁のだしが美味しくて好きです。
③ 何か今後披露したいことはありますか?
→フラダンスが踊れたらいいな~
④ けやきの里を一言で言うとズバリ?
→利用者さまの笑顔に支えられています。

去年の夏祭りのイベントでは担当のスタッフがフラダンスを披露していましたが、来年のイベントの時には是非所長にも踊って頂きたいですね、楽しみです。

続いてけやきの里の看護師、田口さんです。
① けやきの里で好きな所はどこですか?
→好き過ぎて分かりません(笑)全部好きです!
② けやきの里のお昼ご飯で好きなメニューはなんですか?
→コロッケと、鶏の唐揚げの甘酢がけです。
③ 何か今後披露したいことはありますか?
→ピンクレディーを来年までに全部踊れるようになります。
④けやきの里を一言で言うとズバリ?
→あったかい

暖かい雰囲気のけやきの里が、田口さんの踊りでさらにホットになってしまうかもしれません、これからの寒い季節にはピッタリかも!?

▲このページのトップへ

「けやきの里」一日の流れ

 

「デーサービスけやきの里」がどんなところか、良くご存知の無い方の為に「けやきの里」の一日の流れをご紹介いたします。

 


9:45 ~ 所長の挨拶から「けやきの里」の1日が始まります。

     体操をして体をほぐしましょう。

 

 

10:00 ~ 検温、血圧チェック後、ご入浴、機能訓練をご希望の方は順番に

      ご利用いただきます。

      その他の方にはぬり絵、問題集、折り紙など手先の機能訓練を

      含めたプログラムをご用意しております。

11:45 ~ お食事を美味しく安全に召し上っていただく為に早口ことばや

      お口の体操をしていただきます。

 

 


12:00 ~ 一つのテーブルを囲んで職員といっしょに召し上っていただきます。

      食後は歯みがきをしていただきまして 14:00 までトランプ、オセロ、

      将棋などで自由に過ごしていただきます。

 

 

14:00 ~ 体操、ゲーム、歌などで楽しんでいただきます。            

      夏祭、クリスマス会など季節の行事も行っております。

 

 

 

15:00 ~ お好きなお飲み物 ( 日本茶、紅茶、コーヒー ) でおやつを

      召し上っていただきます。

 

 


16:00 ~ 1 日、楽しんでいただき所長の挨拶で「ある日のけやきの里」は

      終りです。お疲れ様でした。

 

 

 

▲このページのトップへ

イベント

 

・行事食 日本の味~東北めぐり

けやきの里では毎月3日間、ちょっぴり豪華な行事食を提供しています。2012年のテーマは、東北に出会おう!懐かしい味と新しい味!です。

 

<10月 福島>
くるみ御飯
ほうぼう焼と味噌田楽
山菜のお浸し
こづゆ

フルーツ

★ほうぼう焼き
浜通りで食べられている家庭料理です。さんまの身を包丁で叩きネギや生姜・味噌などの薬味を加えて丸めて焼いたもの。昔は炭火で焼いたので「火がボウボウと立った」ところから名がついたそうです。

★こづゆ
会津地方で古くから作られてきた代表的な郷土食の一つで、村祭りや祝い日などのときには必ず膳につく習わしがある。山の幸と海の幸とを取り合わせた薄味仕立ての具だくさんのお吸い物です。


 

<11月 青森>
陸奥三宝丼
じゃっぱ汁
ぜんまいの煮付け
寒天の奥入瀬

小豆ばっと


★陸奥三宝丼
八戸名物「めかぶ」「いくら」「とろろ」が三つ揃ったどんぶりです。
★じゃっぱ汁
「じゃっぱ」とは会津弁で「魚のあら」を意味し、鱈や鮭のあら汁で現在は「あら」だけでなく魚の身も入れて作ります。
★小豆ばっと
「はっと」とは、そばや小麦を麺状に伸ばしたものの事をいいます。その由来は「ほうとう」が訛ったものという説や、美味しすぎるからおかわり禁止、美味しくて売れるので農民が小麦ばかり作りたがるから禁止、切りそばを食べることを贅沢として禁止、といった具合に「法度=禁止」からきたという説もあります。今回は平たいうどんを使用し小豆に青森名物のクルミをかけました。

 

 

<12月 宮城県>
油麩丼
秋刀魚の焼き浸し
おくずかけ
ずんだはっと



★油麩丼

中国料理で用いられる揚げ麩は丸いのですが、仙台麩は細長い形状をしているのが特徴です。発祥時期は不明ですが、肉を食べられない人のために親子丼の代わり提供され、その後家庭にも浸透したと言われ、今ではB級グルメとして親しまれています。

★秋刀魚の焼き浸し

全国でも有数の秋刀魚の水揚げを誇る宮城県女川町の家庭料理です。焼き秋刀魚と仙台白菜を今回は味噌味にしました。

★おくずかけ

とろみをつけた醤油味の汁に特産品である白石温麺や野菜などを入れて煮込んだ郷土料理で、精進料理として提供されています。



▲このページのトップへ

そば打ち

 

         

12 月 7 日(木)から 9 日(土)の 3 日間にかけて、けやきの里にそば打ちの職人さんが来てくださり、そば打ちを披露していただきました。 まず準備をしながらそば粉の話をしてご利用者様にも「うんうん」とうなずく方や「へー」という方等様々な声があり、そば打ちが始まりますとそばの色々な説明をしながら手際良くそばが出来ていくのにご利用者様もスタッフも釘付けになっていました。
         
そばを切る場面になると、職人さんが「誰か切りたい人はいますか」と聞かれ、代表で何名かのご利用者様とスタッフが挑戦しました。
代表でそばを切る皆さんは緊張されていましたが、切り終わると笑顔で「楽しかった」、「皆もやりなよ」等、普段出来ない体験に少し感動されていました。
そばの説明を聞き、実際に目の前でそばが出来ていくのを見た後に食べたおそばは、すごくおいしかったと皆さん心もお腹も満足のご様子でした。

▲このページのトップへ

2012年度クリスマス会

今年のクリスマス会は12月20日(木)から22日(土)の三日間に行われました。
まずは、ゲームからスタートです。今年も職員の手作りした、豪華腕時計や指輪を輪投げの輪で引き寄せる、プレゼントキャッチャーゲームから始まりです。一分間でどれだけ多く商品を取れるか、点数で競うのですが、これがなかなか夢中になってしまうんですよ。

まずはゲームで盛り上がり、その後はジングルベルや赤鼻のトナカイを利用者の皆様と合奏しました。 最後は、毎年恒例になっている、職員によるハンドベルの演奏です。『星に願いを』『諸人こぞりて』の二曲を演奏しました。鐘の音が響きわたると、神聖な気持ちになりますね。感動を残しつつ、今年のクリスマス会も無事、閉会いたしました。


▲このページのトップへ

ミニコンサート

けやきの里では、月に一回ミニコンサートを行っています。歌を披露して下さるのは、声楽家の天野先生です。
日本の童謡からイタリア民謡、クラシック音楽など、幅広い歌を披露して下さいます。毎回、いろんなドレスで登場され、利用者様も楽しみにしています。

          

そんな素敵な天野先生に、職員から質問をしてみました。
Q.歌手にならなかったら、何になりたいですか?
A.動物の先生か、幼稚園の先生

Q.声楽を始めた動機は何ですか?
A.子役時代にドラマの中で「夕焼け小焼け」を歌って、局に電話が入りました。声楽家から「勉強してみませんか」と。50年以上昔の話です。

Q.若さと美貌の秘訣を教えて下さい
A.そう見ていただけるだけで嬉しい!何事も好きで楽しんでやってます、いつも歌を口ずさみながら。

Q.どんな化粧品を使っていますか?
A.高校時代から親友がノエビアを扱ってるので、乳液を買ってます。化粧水は使いません。口紅とファンデーションはクリニークです。

Q.趣味を教えて下さい
A.料理、洋裁、編み物、生き物(動物や植物)を育てること。ちなみに、ヤギ、ニワトリ、アヒル、犬、猫、イモリ、ヤモリ、ヘビ、その他・・・

Q.今後の活動を教えて下さい
A.患者さんや利用者さんの期待に応えられるよう勉強し、体力も維持出来るようがんばりまぁす!いつもお心遣い感謝しています。

▲このページのトップへ

2012年度夏祭り

今年の夏も猛暑が続いています。皆様、体調など崩さず、のりきりましょうね。
2012年度、けやきの里の夏祭りは、8月1日、4日、5日の三日間で行われました。
今年も、けやきの里の職員が浴衣で盆踊りを披露しました。東京音頭、花笠音頭、炭坑節を利用者様と一緒に踊りました。


                         
さて、気分も徐々に盛り上がってきたところで、メインイベントです。
今年は、なんと!私たちフラダンスに挑戦しました!

東日本大震災で休館していた、福島県のスパリゾートハワイアンズが2012年の今年に再開されました。福島でがんばっているフラガール達を応援しようと、私たちもフラガールになっちゃいました。2ヶ月前から練習を始めて、当初は二曲フラダンスを披露する予定でしたが、思っていたよりフラダンスって難しいんです!一曲覚えるのがやっとでした。スローテンポのブルーハワイの曲に合せて踊ります。みんな踊りは、そろってるかな?


         

アンコールの熱も冷めないまま、今年の夏祭りも幕を閉じました。

▲このページのトップへ

出張握り寿司

      
2011年5月16、17日の二日間、またまた出張握り寿司が来てくれました。今回のネタはマグロ、ホタテ、海老、ハマチ、サーモン、穴子、玉子の7種類でした。
皆様が、たくさんおかわり出来るように、ネタは少し小さめににぎって頂いています。お寿司のネタが目の前に並び、皆様の食欲もわいてきます。利用者様からは、次々とお替りの声が上がりました。一番人気のネタはホタテでした。「もっと食べたい!」と、大盛況の出張握り寿司でした。次回が待ち遠しいですね。
お好みによりお寿司を小さく切ったり、ちらし寿司にして提供しています。また事前に嗜好をうかがい、お一人お一人の好みに合わせたネタでお寿司を握りました。

▲このページのトップへ

けやき便り

 

・巨大!凧作り
12月に入り、だいぶ冷え込みも厳しくなってきました。今年の冬は、寒くなりそうですね。
2012年最後の作品は、巨大な凧作りに挑戦しました。なんと、一つの作品が人間の大きさ位あるんですよ。新年にふさわしく『日の出』と『富士山』の二作品を制作しました。まずは模造紙に下絵を書いて、その上にちぎった和紙を貼り、コツコツと仕上げていきました。
ご覧ください!素敵でしょ。これで良い新年が迎えられそうです。

では、皆様今年もお世話になりました。良い年を迎えてくださいね。


                  
        

 

・七夕飾り

 

今年の七夕は、つるし飾りを制作しました。天の川をイメージして、おはながみを帯のように並べました。おはながみの下には、たくさんの七夕飾りをつるしました。扇風機の風で、七夕飾りが揺れています。
笹の葉には、ご利用者様に書いていただいた、たくさんの短冊がつけられました。


    

・花火

 

久しぶりに巨大ちぎり絵の作品に挑戦しました。テーマは花火です。いろんな花火の下には、東京の夜景が描かれています。なんと、東京スカイツリーや東京タワーまであるんですよ。
今年の残暑もかなり厳しくなっていますね。花火を見ながら、夕涼みをしている気分にひたっては、いかがでしょうか。


    


・秋のつるし飾り

 

今年の七夕は、つるし飾りを制作しました。天の川をイメージして、おはながみを帯のように並べました。おはながみの下には、たくさんの七夕飾りをつるしました。扇風機の風で、七夕飾りが揺れています。
笹の葉には、ご利用者様に書いていただいた、たくさんの短冊がつけられました。


    

 

・ヨーヨー

夏といえばお祭りの季節です。季節の便りを、またまた巨大はがき絵にしましたよ。お題はヨーヨーです。色とりどりのヨーヨーが、なんとも涼しげで良いですね。


    


・桜の新緑

 

今年の冬は、寒かったですね。全国的に桜の開花も遅れ、入学式にどうにか間に合ったようですね。けやきの里のけやき桜は、今年も満開に咲いています。

    

けやき桜でお花見をしながら、2012年の春は、桜の新緑に挑戦しました。満開の桜、紅葉に続いて、これで桜の作品は、3作目になります。
ご利用者様も慣れた手つきです。和紙の貼り方などもコツがあるようですよ。
それでは、けやき桜の新緑をご覧下さい。小鳥のさえずりも聞こえてきそうですね。
    

 

▲このページのトップへ

・けやき桜の紅葉

2011年、秋のけやきの里では、けやき桜の木を、紅葉で表現してみようと思います。まだ緑色の葉や、落葉した茶色の葉などをリアルに表現しています。それでは、真っ赤に色づく、けやき桜の紅葉をじっくりお楽しみ下さい。

    

 

▲このページのトップへ

・雪景色

段々と春めいてきましたが、東京でも積雪があり、まだしばらくは寒い日が続きそうです。そんなこちらでは珍しい雪の舞い降る、乳頭温泉の情景を利用者様とスタッフで制作しました。

      

 

原型となる写真を各パーツに模写し、そこにちぎり絵をほどこしました。

遠くから見ても立体的に見えるよう、違った色をグラデーションにして貼っています。メインの温泉は色を塗った後にボンドを重ねて塗り、より水面らしく仕上げました。

 

      

雪の舞い降る乳頭温泉郷、モデルとなった鶴の湯の窓から微かにこぼれる部屋の灯りが、どこか暖かな気持ちにさせてくれる一枚となりました。

◀戻る │ ▲このページのトップへ